この記事は、
西郷どん 第39話「父、西郷隆盛」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

父との対面

この年、西郷家は借金を返済し、市中から離れた武村へと居を移していた。
叔父・信吾の嫁・清も加わり大所帯であった。

雪篷「おお菊次郎か!」
糸「菊次郎さぁ今日からここがあなたの家ですよ」

菊次郎は緊張を隠せなかった。そんな菊次郎に対し、西郷家の人々はなんとかリラックスさせようと優しく迎え入れたのだった。

twimg.com

ほどなく父・西郷隆盛が戻った。

twimg.com

「いまじゃった」
一同「お帰りやったもんせ。おやっとさあ」

菊次郎は失望した。はじめて見た父は、母から聞かされていた立派な侍のイメージとはかけ離れていたからだった。

twimg.com

「菊次郎か大きゅうなったのう」
「よう来たな」

雪篷「最後に会ったのは2つか3つのはずじゃ。覚えてるはずがなかのう」
「おはんの父じゃ。よろしくの」


菊次郎は遠慮がちであった。
西郷家は長男として迎え入れていたが、食事の席では、寅太郎に席を譲るほどだった。

twimg.com

実は島を出る時、母・愛加那から、寅太郎が西郷家の嫡男であると言い聞かされていたのだった。

Nishikidoholic
@gi_fumi
信吾の嫁!!
嫁になりたい人生でした😭

  

2018-10-21 20:13:44

木曽崇@「夜遊びの経済学」絶賛発売中!
@takashikiso
久しぶりに西郷どんを見たら、鈴木亮平がだんだんと俺物語風味になってきて喜ばしい。

  

2018-10-21 20:17:33

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
肉体改造して筋骨隆々の大男になった鈴木亮平と南国顔の二重ぱっちりの二階堂ふみの子どもが西田敏行になるのはすごく納得できる。

  

2018-10-21 20:21:53

スポンサーリンク

御一新の影響

翌日から一人前の薩摩武士になるため、菊次郎も郷中教育を受け始めた。

twimg.com

「次!チェストこ~い!」
「いや~!」
小兵衛「次!チェストこ~い!」

そんな折、国父・久光の遣いで海江田が訪れたのだった。

海江田「すぐに来いとの仰せじゃ」

twimg.com

急ぎ西郷は久光の元へ向かった。
この年、版籍奉還がなされ、全国の藩主は政治的権力を失っていた。

twimg.com

海江田「西郷、面を上げよ」
「はっ」
久光「お前はかつてわしにこう言うたな。薩摩の忠義と底力を天下に示せ。そいがこん薩摩のためになると」「はい」

「確かにわしは天子様の下政を進めることに賛成しちょっ」
「じゃっで領土も民も一度天子様にお返しすることを進んで行った。のう海江田」

海江田「はっ」久光「だがどうじゃ…」

「蓋を開けてみれば戊辰の戦で意気揚々と帰ってきた者どもがわしの側近たちを追っ払い今ではこん薩摩を乗っ取らんばかりの勢いじゃ。のう海江田」
「はっ…」

「おかげで藩内の秩序は乱れに乱れちょっ」
「不満の声の数々わしは…」
「わしにはもう手も足も出ん」

twimg.com

「こん亀のようじゃ」
「こいがお前の言う御一新っちゅうこっか?」

隆盛は返す言葉もなかった。

山本八重さん@会津
@aizu_sniper_yae
【悲報】島津久光、「島津幕府」の夢破れる

  

2018-10-21 20:19:44

一二三
@nunonofuku123
実際の西郷隆盛は、戊辰戦争後は薩摩藩内部での仕事に専念しており、別に政治から離れてるわけではない。

  

2018-10-21 20:31:03

スポンサーリンク

新政府の葛藤

一方、東京では新政府が喧々諤々の会議を行っていた。

木戸「何じゃ?これは。これでは筋が違う!」

twimg.com

「筋が違う?木戸さんは天子様より官位を賜れるようお願い奉ることをよしとしないのですか?」
「そうではない。西郷君が藩主より官位が上ではいざこざが生じると言っとるんじゃ」

岩倉「西郷が正三位忠義公が従三位…ハハッ」
「薩摩の田舎侍ではちと豪儀すぎるなぁ」

大久保「成果を上げた者が大きな報酬を得るのは当然のこと」

twimg.com

そして、武士の世を早く終わらせ中央集権国家を作ろうとする大久保利通と、急ぎすぎては混乱が起こるとする木戸孝允(桂小五郎)が対立していた。

「まず我らがなすべきは古くて煩わしい武士の世をとっとと終わらせ中央に力を集めることです」
木戸「しかし事を急ぎすぎては必ず争いのもととなるぞ」

後藤象二郎「木戸さん、今急がんと日本はどんどん欧米列強と対等に並ぶ機会を失いますき」
「ならばまずは法ですたい。法!日本に新しか法ば作り全ての民ばそいに従わせるべきですたい」

twimg.com

「政府に背く者ば厳しく処罰すっこと…」「江藤さん税が先ですったい」
「金がなければ何もできん。伊藤さんもそがんでしょ?」
「いや私は…」

大久保「たとえ不満の声が聞こえてきても今ここで手を緩めるわけにはいかんのです」
木戸「手痛いしっぺ返しを食ろうてほえ面をかいても知らんぞ」

ほどなく木戸の予見通り、日本各地で不満が形となって現れるのだった。。。

しみず さるひこ
@bub_shimizu
は! 維新後政府内のいざこざで殺人事件が起きたら、犯人は大隈重信ということになってしまうようなキャスティング!

  

2018-10-21 20:24:12

もっち
@motchy1984
あと牧 善之介の前世は伊藤博文っていうのなんかジワるw

  

2018-10-21 20:24:40

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛が新政府に参加しなかったのも、こういった戊辰戦争で恩賞を欲しがった薩摩藩士を抑えの為とも。
その一方でその態度が西郷隆盛の評判を高めてしまい、名声によって西郷隆盛は縛られる事に。

  

2018-10-21 20:24:49

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク