西郷どん 第41話の見どころ

この記事は、西郷どん 第41話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは、廃藩置県後の新政府の様子が描かれました。

欧米使節団の派遣を決めた新政府。しかし、問題は山積みの状態でした。そんな中、西郷は日本で留守を預かる役目を与えられます。西郷に求められたのは「変えない」こと。ところが、そんな時に限って、現在の価値で100億円にものぼる汚職事件が勃発。その対応に追われることになるのでした。

さらに、天皇行幸に同行して鹿児島へ戻るというビックイベントも西郷は経験。そこで、久光と顔を合わせ、腐敗した新政府について弱音を見せると、久光からは意外な反応が返ってくるのでした。

西郷どん開始以来、愛らしいけどいつもコケにされ続けてきた久光。彼が始めて見せた男気にSNSからも快哉の声があがりました。さて、実際に視聴者からはどんな声があがったのか? 西郷どん 第41話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第41話「新しき国へ」のあらすじ

twimg.com

前回のあらすじ

政から離れていた西郷は、政府からの要請、そして戊辰の戦で失われた英霊のため再び政界へ戻ることを決意する。西郷が政府から託されたのは、御親兵と呼ぶべき天子様の軍の設立。そのため熊吉と共に東京へ上京したものの、そこで目にしたのは、権力闘争に明け暮れ、贅沢三昧で腐敗した政府だった。

西郷が失望の念を抱く一方、大久保や岩倉らは、強引に廃藩置県を進め、ついに勅書を賜る。ところが、そのやり口に政府の反勢力は抵抗を強める結果に。。もはや分裂という状況で、ついに西郷が立ち上がるのだった。

前回:西郷どん 第40話「波乱の新政府」感想・実況『握り飯の友』

スポンサーリンク

久光の花火

雪篷が菊次郎へ勉強を教えていると、突然爆音が鳴り響いた。

雪篷「いかん!こいは大砲の音じゃ!」
菊次郎「大砲!?戦が始まったのですか?」

しかし、その爆音は久光が打ち上げた花火であった。

twimg.com

糸「美しか…」

新政府が設立されて以来、不満がたまりまくっていた久光はその怒りを花火へぶつけていたのだった。

久光「どんどん上げい!まだまだ!どんどん上げんか!」
「夜が明けるまでどん…んにゃ!」
「わしの憂さが晴れるまでじゃ!うて~!うて~!うて~!うて~!」
「わしはここじゃ。ここにおっど!」
「西郷…一蔵~!」
「わしはまだまだ終わらんど~!」

twimg.com

萌える大河姫
@taiga_takeda
玉屋〜!!
よかた。。
これ待ってた!!

  

2018-11-04 20:01:38

an_shida
@an_shida
真田丸ならナレ死してるぞよかったのう。

  

2018-11-04 20:01:49

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
国父さま、ずるっと一回転ぶところが、どう魅せるか分かっとるなぁという感じ

  

2018-11-04 20:05:02

猫塚@塩小姓
@nekomekko
ちなみに、久光様が廃藩置県に腹立てて一晩中花火あげたのは実話。

  

2018-11-04 20:08:40

スポンサーリンク

岩倉遣欧使節団

twimg.com

廃藩置県のあと政府は急速に諸制度を改め始めた。
しかし薩摩と長州の出身者が実権を握る構図は変わらず、維新に尽力した旧藩出身者には不満が募っていた。

twimg.com

そのうえ、新たに欧米へ使節団を派遣することが取り決められた。

大久保「此度の使節は日本が新たな国家として生まれ変わったことを早急に万国に知らしめる」
「それを第一のお役目と考えております」

木戸「その上で幕府が言われるがままに結んだ不平等条約を今こそ各国に改めさせねばならん」
岩倉「この度、欧米使節として派遣すべき面々を列挙した。木戸、大久保」
「まろのそばで力を貸してくれ」

ところが、西郷は納得がいかなかった。

隆盛「岩倉様こいは本当に今行かねばならぬことなのでしょうか?」

日本には問題が山積みであったのだ。
しかし、伊藤博文が欧米見聞の必要性を説くと、使節団の遣欧は決定されたのだった。

twimg.com

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク