西郷どん 第42話の見どころ

この記事は、西郷どん 第42話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは、使節団から帰国した大久保一蔵(利通)と吉之助(隆盛)が決裂する様子が描かれました。

明治6年。使節団から帰国した大久保が目にしたものは、勢力図が塗り替わった新政府でした。しかも、さしたる成果もあげられなかった大久保は、政府での居場所を失う事態に見舞われます。

そこで、焦る大久保は西郷に人事の無効を求め、土佐や肥前出身者を排除することを提案するのですが・・・西郷はこれを一蹴。その結果、大久保は対立姿勢を強めるのでした。

冷たい目で吉之助と対峙する一蔵。この闇堕ちとも言うべき変貌にSNSはザワつく事態となりました。実際にどういった声があがったのか?西郷どん 第42話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第42話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

欧米使節団の派遣を決めた新政府。しかし、問題は山積みの状態。

そんな中、西郷は日本で留守を預かる役目を与えられた。西郷に求められたのは人事をはじめ「変えない」こと。ところが、そんな時に限って、現在の価値で100億円にものぼる汚職事件が勃発。その対応に追われることになる。

また、西郷は天皇行幸に同行した。薩摩を回った際には、久光に思わず腐敗した新政府について弱音を吐いた。すると、これまで対立関係にあった久光が、西郷を叱咤激励したのだった。

前回:西郷どん 第41話「新しき国へ」感想・実況『久光、怒りの花火』

スポンサーリンク

大久保利通からの手紙

明治5年(1872)の年末、アメリカへ留学を決めた菊次郎は、
父・隆盛と東京の長屋で市来宗介と暮らしていた。

鹿児島では、宗介の母・琴は心配で大騒ぎをしていたが、2人は無事アメリカへと出発をした。

twimg.com

そんな折、ロンドンの大久保利通から手紙が届いた。

twimg.com

大久保の手紙『吉之助さぁ日本を出て1年がたった。メリケンからエゲレスに渡り今ロンドンにおる。メリケンでは不平等な条約を改めさせようとしたどん全く相手にもされんかった。それもそのはず欧米の近代化はおいの予測をはるかに超えちょった。今の日本が対等に接することなんて無理じゃったんじゃ。どげんすれば追いつけるのか。悩み過ぎて頭のてっぺんの毛が抜けてしもた。もっともっとこっちで学ばんといかん。吉之助さぁいま少し留守を頼む』

吉之助(隆盛)は同封されていた写真をみて思わずツッコんだ。

「髭似合っちょらんど」

twimg.com

そして異国で奮闘する友を思い「気張いやんせ一蔵どん」とつぶやいたのだった。

twimg.com

一二三
@nunonofuku123
年表
明治元年1868年1月戊辰戦争4月江戸城無血開城
明治2年1869年5月五稜郭開城7月版籍奉還
明治3年1870年7月横山安武切腹
明治4年1871年7月廃藩置県11月岩倉使節団出発
明治5年1872年2月菊次郎…

  

2018-11-11 20:00:47

萌える大河姫
@taiga_takeda
琴は長男を北越戦争で亡くしております。。
不安なんだろうと思う。。

  

2018-11-11 20:02:41

茶豆
@chum_ship
西郷どんの息子かわいいけど結果西田敏行になんのか

  

2018-11-11 20:03:48

一二三
@nunonofuku123
西郷菊次郎はニューヨークとワシントンの間のフィラデルフィアに留学し、実際に農業を学んだ。

  

2018-11-11 20:05:18

石井孝明
@ishiitakaaki
#西郷どん 西郷さんの意向で菊次郎が農業を学ぶという話は史実です。私米国の農業施設したのですが、あの地平線まで広がる面積の耕作は不可能と思いました。19世紀の奴隷、20世紀の農薬と機械化が解決するまで。ただ米国農業は科学研究が進み今でも世界最高はその通りです。(退化したのは日本)

  

2018-11-11 20:04:56

萌える大河姫
@taiga_takeda
大久保は写真好きなんやよね。

  

2018-11-11 20:07:39

かねさだ@ひさみちゅ党
@skht7312
ほら!!ほら!!!
だから私言ったでしょ!!!一蔵の綺麗なお顔がお髭で台無しだって!!!吉之助さあもそげん思っちょったとか!!!!分かりみ!!!!

  

2018-11-11 20:08:21

マルコ@drama
@marukodorama
瑛太さんの大久保利通への寄せ方も素晴らしい。

  

2018-11-11 20:10:14

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク