この記事は、
西郷どん 第42話「両雄激突」感想・実況の4ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

征韓論争

数日後、政府に復帰した隆盛の前に新たな問題が浮上した。

佐田白芽「我々の詰める釜山の公館前に掲げられた立て札をこの目ではっきりと見てまいりました」
「そん立て札には何と?」
「日本は無法の国。密貿易を行う日本人商人を厳罰に処すと」

森山茂「朝鮮国は我が国を西洋のまねごとばかりしている夷狄じゃ禽獣じゃとまで罵り今後交易はおろか国に立ち入ることも許さぬと布告してきたのです」

twimg.com

板垣などは、いきり立ち軍艦を派兵しろと主張したが、西郷は朝鮮に遺留する日本人の保護を優先事項として交渉による関係改善を主張した。

twimg.com

そして、西郷は危険を伴う大使の役目を買って出たのだった。

「そんお役目こん西郷隆盛に賜りとう存じもす」
「いや…そうは言われてもやなぁ」
「一刻を争いもす。急ぎ天子様へお許しを」
「いかんいかん!やっぱりいかん」
「事は国家の重大事。右大臣の岩倉公のご帰国ば待って決定されるのがよかとではなかですか?」

これを聞いた西郷は烈火のごとく怒り、メンバーを叱咤した。

「堂々たる一国の政府が国家の大事にそん是非を決められんとなら今すぐこげな政府はやめた方がよか!」

こうして、2ヶ月に渡り議論を重ね、西郷の朝鮮派遣という形で内定した。天皇へ上奏したうえで実行されるという段取りになったのだった。

あねほ
@anejo7anos
西郷どん、つい数話前までは戦争起こして人を一杯殺してしまった事を恥じて田舎で隠居してたのに今週は民草に徴兵制度を説く奴になってるのヤバ過ぎるな

  

2018-11-11 20:26:26

一二三
@nunonofuku123
朝鮮王朝が攻撃的なのは、当時国王の父大院君が最高権力者で国の改革もしたが西洋化は頑強に反対しフランス人宣教師9名を含むキリスト教徒8000人を虐殺、その報復として攻めた仏艦隊も1866年丙寅洋擾で撃退した為。欧米は艦隊戦は強いが兵…

  

2018-11-11 20:28:42

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛は征韓論主張した言うが今は
板垣退助ら「朝鮮に来たら日本人(西洋人も)殺すというなら逆に攻める!」→征韓論
西郷隆盛「朝鮮王朝に直接話せば分かる!」→遺韓論
で対立し
大久保利通、岩倉具視「今は朝鮮に関わるな!」→放韓論?
で、征韓・遺韓派追放された説が強い

  

2018-11-11 20:29:41

一二三
@nunonofuku123
1873年の7年前に朝鮮王朝の西洋化反対の摂政大院君によるフランス人宣教師9名及び8000人のキリスト教を処刑した1866年丙寅教獄やったので、西郷隆盛の朝鮮国に派遣したら処刑される可能性は十分あったし、その場合戦争は不可避だった為に岩倉具視や大久保利通が止めたとも。

  

2018-11-11 20:30:35

スポンサーリンク

グッドバイ

吉之助は、大久保邸を訪れていた。

twimg.com

「ないが出っじゃろかい?」
「どうじゃ!」
達熊「わあ!お~食いたかか?」

twimg.com

土産のカステラを、一蔵の息子に見せると大喜び。和やかな空気のだったが、その場に一蔵は居なかった。

「一蔵どんは?」
ゆう「それが…今日は体の具合がようないみたいで」

吉之助は喧嘩の謝罪に訪れていたが、一蔵はまだ許していなかったのだ。

「おいはやっぱい…一蔵どんと政がしたか」
「政府には一蔵どんが必要じゃちそげん一蔵どんに伝えてくいやんせ」
「相変わらずまっすぐな御方ですね西郷はんは」
「それに引き換えうちの人は…」
「んにゃんにゃ…一蔵どんは頭がよか分ほどけるのに時がかかるそれだけじゃ。昔からそうじゃった」

結局、一蔵は顔を出さなかった。

「ほいなら達熊またのう」
達熊「西郷様グッドバイ」
ゆう「これご無礼な!」

twimg.com

「おおっ異国の挨拶じゃな。グッドバイ。」
達熊「グッドバイ」
「ああグッドバイじゃ」

Watanabe
@nabe1975
大久保は非常なヘビースモーカーであり、朝用と夜用のパイプを使い分けていた。パイプが過度な使用ですぐに目詰まりしてしまったからという。

  

2018-11-11 20:35:39

スポンサーリンク

使節団の帰国

明治6年9月13日。予定よりも1年も遅れて岩倉使節団が帰国した。
岩倉は明治天皇へ帰国の報告を行うと厳しい言葉をかけられた。

twimg.com

明治天皇「岩倉」
岩倉「はっ」
明治天皇「民は失意しておる」
「あ…。ああ、っはは~っ!」

岩倉は今にも泣き出しそうな表情であった。
その後、岩倉は伊藤博文に誘われ料亭を訪れた。

すると、そこには度重なる不正で居場所のなくなった長州の面々が待ち構えていた。

twimg.com

岩倉「やっぱり来んのやなかったわ。天子様のお叱りを頂戴したあと何でお前らの愚痴聞かなあかんのや」

長州の者たちは、岩倉に後ろ盾となってもらうようすがった。
さらに伊藤博文は別の角度から岩倉を刺激した。

「我らとの取り決めを破った西郷参議こそ責められるべきではないんですか?」
「伊藤!」
伊藤「我らに相談もなく井上さんと山県さんを辞めさせ新しい政にどんどん銭を使うとる」
「先に戻った大久保さんしかり蚊帳の外に追いやられとると聞きました」

twimg.com

岩倉「大久保が?」
山県「大久保が政府を去るっちゅう噂まであります」

これには、岩倉も興味を示した。

「西郷と大久保に何かあったんか?」
「ハッ…。おもろなってきたな」

すると女中が部屋にきた「お連れ様です」。

伊藤「おお噂をすれば」
伊藤「お見えになりました」
木戸「大久保君も呼んどったんか」
「ええ。来てもらえるとは思うてませんでしたがね」
大久保「無事のお戻りお待ち申しておりました」

岩倉「飲み直しや!御一同」

山本八重さん@会津
@aizu_sniper_yae
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる
民は失意しておる

  

2018-11-11 20:36:31

一二三
@nunonofuku123
西郷隆盛と大久保利通の対立は、長州&薩摩派使節団派と佐賀&土佐派留守政府派の対立が大きいが、その上に朝鮮に西郷隆盛を派遣すると「海外観てきた使節団が戦争になるリスク高いぞ!」が説得力あったから。

  

2018-11-11 20:37:05

ぞぞ
@LqGnv
木戸さんが綺麗どころなの間違いない

  

2018-11-11 20:37:13

生きてるだけで褒めてくれる刑部bot
@ikiteruOKgyobu
しょんぼりする直江殿に思わず画面を二度見したぞ

  

2018-11-11 20:39:06


@s_abagashira
しかし一番しんどいのは、ストレスたまりまくりの外交終えて帰ってきたら、身内の不始末の尻ぬぐいせねばならなかった木戸さんなのでは 

  

2018-11-11 20:38:25

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク