西郷どん 第43話の見どころ

この記事は、西郷どん 第43話の実況・感想まとめです。

twimg.com

今回の西郷どんは征韓論争から西郷と大久保の対立。そして袂を分かつ様子が描かれました。

派遣が決定したはずの西郷の朝鮮使節団。ところが、政府に復帰した大久保利通(瑛太)により延期させられてしまいます。

その結果、あまりに強引なやり口に激怒した西郷や江藤は政府を辞めてしまいます。そして東京を離れることを決めた西郷。帰郷の前に竹馬の友と対立することとなった理由を尋ね大久保家を訪れるのですが。。。

闇落ちした大久保利通のとった行動に視聴者はどんな反応をみせたのか? 西郷どん第43話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第43話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

明治6年。使節団から帰国した大久保が目にしたものは、勢力図が塗り替わった新政府だった。しかも、さしたる成果もあげられなかった大久保は、政府での居場所を失う事態に見舞われる

焦る大久保は西郷に人事の無効を求め、土佐や肥前出身者を排除することを提案する。ところが、西郷はこれを一蹴。その結果、大久保と西郷は対立姿勢を強めることとなった。

前回:西郷どん 第42話「両雄激突」感想・実況『一蔵が闇堕ち。。』

スポンサーリンク

征韓論での衝突

閣議が始まる前、大久保利通は岩倉へ自らの方針を伝えていた。

twimg.com

大久保「西郷に勝ち今の政府をぶっ壊したいのです」
岩倉「面白いこと言うやないか」
「そのためにはまず西郷の朝鮮国派遣を覆します」

その結果・・・大久保利通は閣議の場で西郷と激しく対立した。

大久保「西郷参議今朝鮮国へ出向けば戦になる」
西郷「戦にはならん」
「おいは軍艦も兵も引き連れず一人で行っとじゃ」

大久保「甘い」
「一人で行けば殺される。それが戦の火種となる」

twimg.com

西郷「そげなこつはなか」
「礼節をもって接すれば我らの思いは必ず通じる」

「それが甘いと言っているんだ。異国を知らぬ者が異国を語るとは笑止」
「異国であろうと心を尽くせば必ず伝わる」
「今は朝鮮国のことなど捨て置けばよい!」

そして、富国強兵が優先事項だと熱弁をふるった。
そんな大久保に西郷は諭すように言った。

「一蔵どん」
「おいは朝鮮国と国交を結びに行っとじゃ」
「朝鮮国と清国と手を結べば欧米に対する強か壁も作るこっができる」

大久保「陸軍大将も兼務する西郷参議が交渉に行ってもめないはずがない」
「もし交渉が滞れば列強は一気に両国をのみ込みに来る」
「今はひたすら強兵に努め列強に…」

「おいはそん強兵のためにも朝鮮へ行っとじゃ!」
「今国内では廃藩で行き場を失った士族たちの政府に対する憎悪がたぎっちょっ」
「おいが朝鮮に行くち言えば戦にならずともそん皆の意識が外へ向く!こいも強兵を作る方法じゃっで!」

2人の議論は平行線を辿った。
そこで、業を煮やした江藤が口を開いた。

江藤「太政大臣こい以上の議論は無駄ばい」
「おいたちの意見に反対ば唱える岩倉閣下と大久保卿…」
「お二人の罷免ば正式に求めます!」

江藤をはじめ、主要メンバー達は三条実美にプレッシャーをかけた。

三条「そない言われ…」

見かねた岩倉は「望みどおり朝鮮国へ行ってこい!」
そう言ってその場を収拾させたのだった。

こうして朝鮮国使節派遣は可決され、後日太政大臣三条が天子様へ奏上するのみとなった。

亨之允(ゆきのすけ)
@naPckyvEShMvUkM
そう、大久保さんの考え方の方が、より、斉彬さんの思想に近いのよ。
強兵だけでなく、「富国強兵」、まずは国内を豊かにしてから国を強くする、なんだよなあ。

  

2018-11-18 20:07:43

ただの天城のるあだ。
@NoruaAmagi
この頃の李氏朝鮮は、丙寅洋優やシャーマン号事件による「攘夷」の成功により、開国した日本とは真逆に鎖国政策を堅持していた。

そのため日本と李氏朝鮮の外交関係は「決して折り合いがつかない状態」となっていた。
その中で出てきたのは、李氏朝鮮を開国させようとする征韓論である

  

2018-11-18 20:07:59

一二三
@nunonofuku123
1873明治6年の7年前に朝鮮王朝摂政大院君による、西洋化反対のためフランス人宣教師9名及び8000人のキリスト教徒処刑した丙寅教獄→フランスと朝鮮の戦争丙寅洋擾になり、西郷隆盛が派遣しても殺されるか、生きて帰っても朝鮮と交渉決裂すれば戦争の可能性が十分あった。

  

2018-11-18 20:01:17

一二三
@nunonofuku123
大久保利通と対立してたのは、あくまで留守政府の中で征韓論を主張した佐賀の江藤新平や土佐の板垣退助で、西郷隆盛はその中立案である遣韓論であったが、二人を排除するには西郷隆盛もセットにせざるえなかった。

  

2018-11-18 20:03:17

一二三
@nunonofuku123
実際に西洋化反対している朝鮮と、西洋化進めようとしている日本では数年で差が出るのは可能性は高かった。大久保利通は常に正論だけど、やはり感情的には反対されるよね。

  

2018-11-18 20:06:52

空室。
@blueyarn666
「鉄道を端から端まで造ることが急務なのか」
急務だよ!!急務にしてくれないと困るんだよ!北海道を見ろ!!新幹線どこまで届いてるのか知ってるのか!!

  

2018-11-18 20:08:24

一二三
@nunonofuku123
実際に朝鮮の居留民は別に殺されてないし、西郷隆盛の主張こそ、「現地の日本人が危険だから軍を派遣するんだ!」という後の日本国の大義名分の作り方になってしまった。

  

2018-11-18 20:08:30

SOW@新刊発売中!
@sow_LIBRA11
この時期、日本の「隣国」だったハワイ王国は、日本と同じく開国し、近代制度を取り入れようとしたが、流入する欧米資本に経済も土地も軍隊も乗っ取られ、アメリカに「併合」された。当時の日本が独自の産業軍隊を保持する富国強兵策を取るしか、生き残る道がなかったのも事実なのよなぁ。

  

2018-11-18 20:09:40

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク