この記事は、
西郷どん 第46話「西南戦争」感想・実況の2ページ目です。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん感想まとめ

西南戦争突入

政府軍の動きは早かった。

「先生!斥候から知らせが入りもした」
「福岡方面より政府軍が高瀬に南下し集結しておるとのこと」
「そん数およそ8000」
「8000…。えっ!」
「政府軍は高瀬に集結し、そこから一気に熊本城までの血路を切り開くつもりでごわんそ」

「向こうは二手に分かれて攻め寄せるに違いなかな」
「一つは吉次峠」
「もう一つは田原坂」

twimg.com

「吉次も田原も!政府軍には越えさせもはん」

篠原「おう」

その頃、政府では川路が戦況を報告していた。

「大分中津隊にも動きあり」
川路「熊本からは熊本隊、協同隊、竜口隊、宮崎からは延岡隊、佐土原隊、飫肥隊など続々と各地の不平士族たちが決起し西郷のもとに駆けつけているとのことでございます」
岩倉「ああ…1万3000の私学校生徒更に7000か」
川路「兵の数より我が軍が苦戦しているのは抜刀による斬り込み戦術です」

「そらあかんわ」
「刀も握ったことのない農兵ばっかりやさかいなぁ」
「あの西郷が何でこないなことに…」
「向こうが刀で来るならこちらも受けて立つまで。川路」
「直ちに警視庁警視隊を編成し戦地へ向かいます」
「頼む」「はっ」

わぶたん(旧わぶ堂)
@chikuwabu5015dr
甘い物対決で決着つければよかったのにねぇ

  

2018-12-09 20:09:45

Watanabe
@nabe1975
これは「西郷が腹を据えた」というよりは「薩摩士族にとって理想の西郷を演じ始めた」ということなのかも知れぬ。

  

2018-12-09 20:09:59

一二三
@nunonofuku123
児玉源太郎は1万4千の薩軍が、熊本城4千の兵で防ぐため、天守閣を焼き、視界清掃といって城下町を焼いて隠す所をなくし、加藤清正が築城した名城熊本城石垣にさらに足場を作り狙撃しやすいようにして薩軍を打ち破った。この時西郷隆盛弟小兵衛も打ち取る。この為薩軍は包囲戦に切り替える

  

2018-12-09 20:11:07

かな ドラマ鑑賞アカ
@kanadorama
原作も西南戦争のくだりは少ない。このあたり、原作は菊次郎のモノローグという形を取ってるので菊次郎が知り得ない部分は伝聞でしか語られない。ただ、淡々とした文章ながら林真理子先生が抱いた悲哀は感じられ、私は結構好き。

  

2018-12-09 20:20:22

スポンサーリンク

田原坂の戦い

南下する政府軍に対し西郷軍は熊本に続く要所である田原坂と吉次峠で迎え撃ち、激しい戦闘となった。

この戦闘では政府軍からは警視抜刀隊が派兵された。彼らの多くは薩摩士族出身でかつての同志たちによる殺し合いとなったのだった。

『雨は降る降る人馬は濡れる越すに越されぬ田原坂』

twimg.com

田原坂の戦いは両軍一進一退を繰り返し十数日が過ぎていった。

そして、警視抜刀隊による斬り込みをきっかけに政府軍の圧倒的兵力と、最新式の銃や大砲による攻撃に押されはじめ西郷軍は劣勢へと転じ、ついに田原坂を突破されたのだった。

twimg.com

twimg.com

その結果、西郷家の末弟・小兵衛は命を落とし、菊次郎は足に大怪我を負うこととなった。


一方、西郷家の一員でありながら、政府側として敵になった従道は苦悶していた。

twimg.com

従道は妻・清に言った。

「おいが行ってはよ兄さぁを止めんにゃならん」
清「もし旦那さぁが行っても義兄上を止められんかったら…」

清には従道の考えが受け入れられなかった。

「旦那さぁと義兄上は敵同士」
「兄弟で命を奪い合うことにないもはんか?」
「こげんこつならおいもいっそ兄さぁのもとへ帰って共に戦いたか。やめてくいやんせ!」

床に額をこすりつけ清は懇願したのだった。

「そいだけはやめてくいやんせ!」
「私は…私は旦那さぁまで賊軍になってほしくなか」
「お願いしもす。お願いしもす!」

スポンサーリンク

☆るる加那☆
@rudopai_ruru
菊次郎が今井悠貴くんで良かった!!

佇まいだけで泣けてくる。

  

2018-12-09 20:12:02


@s_abagashira
西郷どんたちが九州中を逃げ回るせいで、そのたんびに周囲が焼き払われ、略奪される訳でな 西南戦争中はむしろ民からすごい評判悪かったらしい

  

2018-12-09 20:12:19

一二三
@nunonofuku123
話が超高速で進んでいるので時間軸おかしいけど、
熊本城攻略を薩軍は失敗し→熊本城包囲戦切り替え城の北の田原坂を要塞化→田原坂が要塞化し落ちないので警視庁抜刀隊を導入

  

2018-12-09 20:13:45

Simon_Sin
@Simon_Sin
農民上がりの兵が士族の薩摩兵にかなわなかったので警視庁抜刀隊(旧士族)を召集したのです。
なおこの旧士族の中には戊辰戦争で賊軍として苦渋を舐めた旧会津藩士も含まれていました。新撰組の斎藤一も偽名で参加していたはず。

  

2018-12-09 20:14:02

一二三
@nunonofuku123
西南戦争流れ
1877明治十年
2月薩軍少数の熊本城新政府軍に撃退され包囲戦に変更し北部田原坂を要塞化
3月政府軍田原坂を攻め、海軍別働隊が鹿児島占領
4月田原坂陥落←今ここ
5月熊本県南部人吉へ薩軍集結
6月人吉で薩軍敗れる
7月鹿児島政府に占領で薩軍宮崎へ
8月宮崎延岡で薩軍解体

  

2018-12-09 20:14:48

おごじょ
@hayato_musashi
雨は降る降る人馬は濡れる
越すに越されぬ田原坂

この詩を聴くと切なくなります

  

2018-12-09 20:14:55

くまのへーちゃん@おせちに羊羹の人
@popoppopoooo
抜刀隊、斎藤一が参戦してる話は有名だけど、「蒲団」で有名な文豪の田山花袋のお父さんも実は西南戦争に抜刀隊として参戦してるんだよね。田山花袋のお父さんはそこで戦死してるの。

  

2018-12-09 20:15:33

mia^ ^ฅ✧
@ngtasm
大砲が通れる道は田原坂しかなかったから薩摩軍も田原坂で待ち構えた。
だから激戦地。

通ったことあるけど、竹藪で覆われ昼間でも暗い場所。

ドラマではさっさと終わったけど^^;14日間も続いた激戦。空中で弾がぶつかるほど撃ち合ったそう…

  

2018-12-09 20:15:34

ヒノッチ
@hinocchi
この西郷軍(薩摩)対警視抜刀隊(薩摩)の同士討ちは半次郎対川路が象徴していくんよね。

  

2018-12-09 20:16:32

とうぐち
@orange_sunday7
清さんは清さんで従道さんだけでも汚名から逃れられるよう、西郷家の名誉を守ろうとしたんだな…

  

2018-12-09 20:16:35

いが(たろに)
@iga_iganao
判断の甘さにより沢山のJr.(まだアイドル誌で単独ページを持っていないのでガチヲタでないと顔の区別がつかない)を死地に追いやるベテランアイドルせごさ

  

2018-12-09 20:18:49

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク