西郷どん 第47話の見どころ

この記事は、西郷どん 第47話の実況・感想まとめです。

twimg.com

最終回の西郷どんは、城山総攻撃から西郷隆盛が倒れるまでの様子が描かれました。隆盛、従道、大久保利通。それぞれが自らの信念をもって、自分の道を選んだ結果の悲劇。 歴史から結末を知っていた人たちでも、あまりに悲しい結末にSNS上で様々な意見が飛び交う事態となりました。
一体どんな声が上がったのか?西郷どん第47話の実況・感想まとめをご覧ください。

※これまでの感想・実況まとめは、コチラ → 西郷どん 感想まとめ

スポンサーリンク

西郷どん 第47話の実況と感想

twimg.com

前回のあらすじ

政府の真意を問うべく東京へ向かった西郷達は、賊軍に認定され政府と戦うこととなった。
激しい戦闘となった田原坂の戦いなどを経て、西郷軍は2万の兵は3000人まで減少していた。「もはやこれまで」と判断した西郷は解散を宣言。その後、薩摩を目指した西郷は糸と再開を果たすが。。 西郷を慕う者たちへの責任を果たすべく再び最前線へ戻るのだった。

前回:西郷どん 第46話「西南戦争」感想・実況『高速!田原坂の戦い!』

スポンサーリンク

一路鹿児島へ

twimg.com

西郷軍は、菊次郎らを延岡に残し終焉の地と定めた鹿児島へ向かった。

この時、行動を供にした者のよれば

『1日西郷に接すれば1日の愛が生じ、
 3日接すれば3日の愛が生じる。
 親愛の情は日々募りもはや去ることはできない。ただただ生死を共にしたいのだ』

そんな言葉を引き出すほど固い絆で結ばれていた。


この頃、政府軍も後を追い延岡を訪れていた。
叔父・西郷従道も政府からの許しを得て、延岡にやって来ていた。

twimg.com

従道は、糸や熊吉、菊次郎らと顔を合わせた。

従道「義姉さぁ」熊吉「信吾さぁ」
菊次郎「叔父上」

従道「こん脚は…?」
「熊本で撃たれもした」
「ほんのこてすんもはん」
糸「政府軍の偉い御方が私たちなんかに頭を下げんでよかです」

従道は自らの力が至らないとばかりに西郷家の人々に頭を下げたのだった。
そして、西郷軍が鹿児島へ向かっていることを知ると、西郷家の人々を薩摩へ送る届けることを名乗り出た。

名前はまだ決まらない
@namaehamada_nai
先週のあさイチで鈴木亮平さんはこの体をバナナとドーナツで作ったと仰ってたので是非あさイチ未見の方も結構な量のバナナとドーナツを思い浮かべてください。

  

2018-12-16 20:03:50

ヒノッチ
@hinocchi
一日西郷に接すれば一日の愛が生じ、三日接すれば三日の愛が生じる。じゃあ生まれた時から隣に住んでいた一蔵どんの西郷への愛はどんだけなんだ!!!!

  

2018-12-16 20:04:51

TOMO
@clear_2744
『命も要らず、名も要らず、位も要らず、という人こそ最も扱いにくい人である。だが、このような人こそ、人生の困難をともにすることのできる人物である。またこのような人こそ、国家に偉大な貢献をすることのできる人物である』

  

2018-12-16 20:03:58

ょう
@rykdora
錦戸くんの従道はずっと良かったと思ってる。

  

2018-12-16 20:05:25

管理者管理者

次のページは、
下記リンクからお進みください。

スポンサーリンク