TOP

今回は、雪の少ない地域の雪対策を取り上げます。

大雪のニュース

センター試験が行われた1月14日、
今年1番の寒気が、日本各地に雪を降らせました。

この雪の影響の被害に遭う方のニュースも相次ぎました。

NHK生活・防災
@nhk_seikatsu
【新潟 女性が車道に倒れて死亡 雪による事故相次ぐ】
新潟県南魚沼市では、14日昼前、80代の女性が雪で路側帯が塞がれた道路で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。ほかにも、住宅で雪下ろしをしていた男性が転落するなど、けが人も。

  

2017-01-14 20:34:38

こういった状況を受け、
NHK生活・防災アカウントから、
ふだん雪の少ない地域の対策は?というテーマが組まれたので、みなさんの感想を交え、情報をシェアしたいと思います。

普段、雪に馴染みのない人は忘れがちな雪対策を改めて確認しましょう。

スポンサーリンク

雪下ろしのポイント

最初に雪下ろしのポイントの解説です。

雪下ろし

NHK生活・防災
@nhk_seikatsu
【ふだん雪が少ない地域の対策は?】
寒気の影響で、週末は広く雪が予想されています。ふだん雪の少ない地域では、駐車場の屋根や雨よけなど耐雪構造でないものがあるので、早めに雪下ろしをすることが大切です。

  

2017-01-14 17:00:01

こちらでは、次のポイントを挙げています。

  • こまめな雪かき
  • 早めの雪下ろしで建物を守る
  • 雪かき用のスコップを用意しておく
  • 湯や水をまくのは危険

とくに注意したいのは、最後のお湯や水をまく行為ですね。
これをやってしまうと、地面が凍結して危険です。

akibaryu(メールのプロ黒川)
@akibaryu
雪下ろしは、非常に危険だということを真っ先に伝えてほしいな

  

2017-01-14 17:25:28

佐々木憲世
@noriyosasa
歩行者が歩けるよう、道の端は雪をかきましょう。あとかいた雪を車道に雪を捨てるのはやめましょう・・・・何よりも、降ってるうちにかきましょう。凍っちゃったら、日陰ではその後1週間スケートリンクになったりします(´Д⊂ヽ

  

2017-01-14 17:37:56

キュウ
@cliche_99
数年前に山梨県で大雪が降ったときは、耐雪構造でない家の屋根に穴が開いたり、畑のビニールハウスが壊れたりしました。気をつけながら早めに対処するのがおすすめです。

  

2017-01-14 18:13:38

スポンサーリンク

雪が降った時の車の運転

雪の日の運転注意事項

NHK生活・防災
@nhk_seikatsu
【ふだん雪の少ない地域の対策は?】
この週末は太平洋側の平地でも局地的に大雪となるところがある見込みです。ふだん雪が少ない地域では、わずかの雪でも歩行者の転倒や車のスリップなどの事故が発生します。

  

2017-01-15 00:45:23

  • 雪道&夏タイヤはとにかく滑る
  • 坂道は滑って登れない
  • ハンドルを取られる危険

雪道や凍結した路面と通常の路面の制動距離を比較した場合、1.6倍の差があるというデータがあります。
また、ハンドルを取られて歩行者に突っ込む事故も多発するので要注意です。

雪の日の歩き方・転び方の注意

NHK生活・防災
@nhk_seikatsu
【ふだん雪が少ない地域の対策は?】
ふだん雪の少ない地域では、特に気をつけて下さい。歩くときは、転びそうな場所をチェック。

  

2017-01-15 05:00:00

  • 歩幅は小さく
  • 靴の裏全体で
  • ポケットに手を入れない
  • 転ぶ時はお尻から

1番注意しないといけないのは、ポケットに手を入れる行為かと思います。
寒いので、思わず手を入れてしまいますが、とっさの動きがとれず大怪我の原因になるので、手袋を携帯して対応するようにしましょう。

ベンジャミン柏
@benjaminkasiwa
転倒防止に注意です。

  

2017-01-15 05:51:20

イシハラカズキ
@kaz630210
もし転んだ場合、手をついては駄目です。
下手したら脱臼、骨折します。
顎を引いて頭を打たないように体が丸まるようにし、肩、背中、尻から力を逃がす様にしましょう
(昔、柔道やってたおじさんより)

  

2017-01-15 05:22:07

雪の日の服装

NHK生活・防災
@nhk_seikatsu
【ふだん雪の少ない地域の対策は?】
ふだん雪が少ない地域では、わずかの雪でも事故につながりがち。雪の日は、革底の靴やスニーカーはダメ。おでかけには滑りにくい靴を!

  

2017-01-15 06:01:51

  • 革靴やスニーカーはダメ。底に深い溝がある靴や撥水性・防水性にすぐれた靴を選ぶ
  • 厚手の防寒着、手袋、帽子を着用することで、万一の場合の衝撃を緩和させる

以上、普段、雪の少ない地域の方向けの対策です。

スポンサーリンク

管理者管理者

以上、普段、雪の少ない地域の方向けの対策です。
この情報の詳細は、
参照:
http://www.nhk.or.jp/sonae/special/oyuki2/index.html

より確認出来ます。
是非、ご参考にしてください。