TOP

今回は、英語教師の資格に対する疑問の声を取り上げます

twitterより

公立中学校の英語教師がTOEICを受検したところ、唖然とする結果が明らかになりました。

目標ラインの英検準一級に達したのは
74人中16人しかいなかったばかりか、中学生並の280点の先生もいたということです。

このニュースの詳細を2月15日のライブドアニュース(産経新聞)が報じています。

スポンサーリンク

中学校の英語教師がTOEICを受けた結果…

(抜粋)

京都府教委が中学校の英語担当の先生を対象にした平成28年度から始めた英語検定試験「TOEIC」受検事業だ。
英語の先生74人が受検したものの目標ラインに達していた先生はわずか16人しかいなかったというのだ。

目標ラインは、英検準1級程度の730点以上。京都府教委の担当者は「厳しい現状と認識している」と話しているという。

文部科学省の次期学習指導要領では、中学校の英語の授業は英語で実施することが基本とされ、現場でも英検準1級以上の英語力が必要なのだという。


そもそも、英語の先生の英語力が水準に達していないのに、生徒たちの英語力を伸ばそうというのは無理な話だろう。

ただ、英検準1級レベルといえば、なかなかの難関。
なかには、調子が悪くて合格ラインにすれすれで届かなかった先生もいたのかもしれない。


が、この問題がさらに深刻なのは、受検者のなかには英検2級レベルの実力に達していない500点以下の点数だった教員も14人いたという点だ。しかも、最低点はなんと280点だったという。中学生並みといってもよいかもしれない。

府教委によると、280点をとった先生は、体調が良くなかったということだが、それを差し引いても、500点以下の先生がたくさんいた事実はゆるがない。英語力不足の先生が中学の英語教師をしているということになると、やはり、不信感が広がるのも仕方がないのかと思ってしまう。


http://news.livedoor.com/article/detail/12679838/


@windtalkers1969
逆に、中学生レベルの英語力があれば、中学校の英語の先生になれるってことかな?

  

2017-02-16 08:44:58

イクラ
@natunoneko
というか私の知り合いで、英字新聞すらすら読めないのに高校の英語教師やってた人がいます。まあ、もうやめて、主婦になったから安心ですねw

  

2017-02-16 08:35:40

驚きの結果ですが、
果たして英語教師になるのは、そんなに簡単なことなのでしょうか?

公立中学校で英語教師になるための手順は次の通りです。

スポンサーリンク

英語教師になるには?

公立中学校の英語教師になるには、次のようなプロセスがあります。

  1. 教職科目の単位を取得

    教職課程のある短大や大学・大学院に入学して、所定の教科および教職に関する科目の単位を取得する

  2. 教員免許状を取得

    学校を卒業することも必要。※「準学士」「学士」「修士」という学位は、教員免許の「基礎資格」に定められている。

  3. 教員採用試験

    各都道府県・指定都市教育委員会が行う教員採用試験に合格する必要がある

  4. 1次試験

    筆記試験:一般教養や教職教養に関する試験、教科専門に関する試験

    面接試験:個人面接、集団面接、集団討論

  5. 2次試験

    筆記試験:小論文

    面接試験:個人面接、集団面接、集団討論、模擬授業

    実技試験:英会話

    適性検査

  6. 教壇に立つ

これだけの過程を経て採用された教師に対し
批判的な意見だけではなく、諦めにも似た理解を示す声がネット上ではあがっているようです。

実際にどういった声があがっているのか? 次に紹介します。

みなさんの反応

管理者管理者

最初に批判的な意見から紹介します。

さずきり(二月病)
@zaki02021999
ひっどい。

  

2017-02-16 08:35:05

dockoi_syo
@dockoisyo
ひぇぇ…こんな人たちに子供の英語任すんか…

  

2017-02-16 09:31:41

森やマッチョ
@Piccolo_Flute_
2020年から英語の授業は英語で行う予定らしいけれど、こんな人たちが英語で授業したら逆効果な気がする。

  

2017-02-16 09:00:08

NAO.
@imp_sgt
外国人に教えてもらった方がいいわ。

  

2017-02-16 09:08:24

管理者管理者

一方で諦めに似た反応もあります。

花@氷帝DANCEで凍らせて♡
@ton_gari_ro
妥当といえば妥当じゃない?
中高6年の英語の授業だけで話せるようになった人いる?6年勉強して話せないっていうのが問題よなぁ…。

  

2017-02-16 08:44:21

Phil Hardison
@phil_hardison
当然の結果なのに何を今更ガタガタ言ってんのか分からんくてわろてる

  

2017-02-16 08:34:17

ショッキングピーポーマックス
@neuron_nth
英語なんて使わないと力消えるしそんなもんじゃね
教師が勉強を怠ってるのがいけないって話になればそれまでだけど

  

2017-02-16 08:37:53

AKITO
@Akito_ut
公立の教師ならそんなもんだと思う。むしろ16人もいるっていう方が驚き!

  

2017-02-16 08:52:28

♘なとぅー♘
@lyrqs03_nk
日々中学生レベルの英語と接した結果自分の英語力も中学生レベルになるんじゃない?知らんけど

  

2017-02-16 09:52:35

管理者管理者

その他興味深いコメントも紹介します。

505エラー@ジュウザ
@beerjuza
自分が中学生の頃、学校に外国人の先生が来た時、英語の先生が通訳として対応したのですが、全く通じなかったのを見て、笑ったことがありました。違う教科で外国留学経験のある先生が急遽呼び出されてました…

  

2017-02-16 07:09:21

チラシの裏(細粒)
@chirashi_fine
そもそも採用試験の内容がおかしいとしか思えないので、そこから見直すしかない。ただ、京都府教員の主任務が教育困難校における「治安維持」であって、求められる能力が学力よりも体力ということなら何もいわない。

  

2017-02-16 07:49:31

野原しん
@bakker7
アメリカ人やイギリス人が受けるとどれ位なんだろうな

  

2017-02-16 08:39:05

トオコ@てんてん☆こまい
@tohko_melon3c
この試験で先生として適正かどうかを判断するのは違うと思う。TOEICなんてコツやもん。とはいえ、「英語教師」としては不安な点数ネ。こんな状況で小学校から英語教育を豪語している文科省…スタート地点間違えてるよねぇ。

  

2017-02-16 08:39:37

さるとび@みすみくん推し
@climber08081
これを憂いたうちの大学は
教職にトイック700点を義務付けたのであった、、、

  

2017-02-16 09:30:53

今回明らかになった結果は残念ですが、
多くの方が原因は教師の努力不足にだけと見ているワケではなさそうです。

英語教師が採用試験に合格した時の英語力を維持、向上するための仕組みづくりが必要だということが明らかになっただけでも、今回の教師の受検は意義があったのかも知れません。

この結果を踏まえ、英語教育のレベルがあがっていくことを期待します。


教育に関する記事はコチラにまとめています。 → ※ 教育問題

スポンサーリンク