TOP

今回は、よしもとのインフルエンサーマーケティング参入を取り上げます

twitterより

渡辺直美を筆頭に多くのフォロワーを抱えるタレントが揃う
よしもクリエイティブエージェンシーが、インフルエンサーマーケティングに参入することが発表されました。

この事業をものすごく平たく言うと、SNS上で芸人が企業のサービスや商品をPRするということです。

ペニオクやステマが問題視された昨今、この動きに対して、歓迎の声とともに懸念の声もあがっています。

ということで、最初にニュースから確認していきましょう。

スポンサーリンク

NEWS

よしもと、所属タレントのSNSプロモ事業開始 ツイッターフォロワー総数4000万超!


よしもとクリエイティブ・エージェンシーが27日、所属タレント約6000人を活用したインフルエンサーマーケティング事業を開始すると発表した。

近年、スマートフォン(スマホ)普及率の増加や情報環境の変化とともにSNS利用者が増加。写真共有アプリ「インスタグラム」は、日本における月間アクティブ利用者は2016年4月末時点で1000万人を突破した。

さらなるソーシャルメディアの隆盛を見込み、よしもとではコンテンツビジネスの発展を目指して所属タレントを活用したインフルエンサーマーケティング事業を開始。企業の商品や・サービスの特性に合わせて所属タレントが情報発信を行い、一般的なSNSプロモーションよりも高い共感を生み出すサービスを展開する。

インスタグラムで600万人超のフォロワー数を保持する渡辺直美(29)を筆頭に、情報発信力が高いタレントがズラリ。主な所属タレントのフォロワー総数はツイッター4000万超、インスタグラム1600万超と国内最大規模となっている。所属タレントのSNSプロモーションが時代に即したビジネスになりそうだ。


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/02/27/kiji/20170227s00041000271000c.html

たしかに、渡辺直美、小藪一豊、ロンブー淳といった
SNS上で強い発言力を持つタレントが多く揃っていますね。

企業にしてみれば、この影響力を利用したいと思うのは、当然の成り行きかもしれません。 
そして、実際に大きな成果をあげることが予想されます。

ただし、この動きに嫌悪感を示す声があるのも確かです。
歓迎の声も含め、みなさんの反応を紹介します。

スポンサーリンク

みなさんの反応

銀髪推進派
@alpaka
うわ、うざい感じだなこれ

  

2017-02-28 11:25:08

初老の主婦そえじま
@soejimasa
私生活もへったくれもないな

  

2017-02-28 12:15:27

tadataru
@tadataru
「面白いこと言うより広告をやれ」
ってことですかね。

  

2017-02-28 11:44:52

やん
@skd7
要はよしもとの芸人が紹介する商品はステマなので信用するなということか…

  

2017-02-28 11:27:49

木曽崇:「日本版カジノのすべて」発売中
@takashikiso
ツイートの最後に【このツイートは広告です】とでも入れるのだろうか?

  

2017-02-28 12:00:06

あとーす
@ATOHSaaa
めっちゃ面白いサービスだし
「何回かはクライアントに謝りにいくことも覚悟しています(笑)」でさすがだなと思った。

  

2017-02-28 12:46:51

Baku-takahashi
@badominton11111
テレビや劇場以外に活躍の場が増えて良いと思う。
単に可愛いかっこいいだけじゃ広告にならなくなる。

  

2017-02-28 12:22:46

りんご
@tw_apple
芸人さんとSNSの相性は抜群だからこういう展開にはなるよね。

  

2017-02-28 12:23:29

Ido
@Ido
インスタグラムがリアルじゃなくなるよね

  

2017-02-28 12:27:24

敷田憲司
@kshikida
事務所を通さずに勝手にやっちゃう芸人の抑止になるし、ステマじゃない旨を明記すればいいだろうけど、宣伝ばかりになると逆に芸人の格が落ちるよね。

  

2017-02-28 12:26:09

港区で働くCMOのマーケティング四方山話
@MinatokuCMO
確かに事業性は高そうだが、彼らの本業やネタとかに影響は無いのか?広告を背負っている人としか見れなくなるかも。

  

2017-02-28 12:50:48

Shotaro Ushijima
@ushigyu
有名YouTuberの市場を一部食っちゃうかも?

  

2017-02-28 14:50:53

恐らく成果が出なくて困るということは無さそうですが、SNSプラットフォームがうまくディレクションをしなければ、SNSのサービスそのものの魅力が失われかねません。

10回の発言で1回PRチャンスをもらえるとか、エンゲージメントが一定の値をキープしている場合に限るとか、うまい制限を設けて欲しいと思います。

スポンサーリンク

その他のコメント

YouTuberやアルファツイッタラーをはじめとするネット有名人と競合するのか、協力するのかどっちだろう。 いずれにせよ、エンタメコンテンツのテレビ一極化がますます進みそう。

ペニーオークションの広告塔とどう違うの?

よく分からんがプロモーションのところに吉本芸人がYouTuberの如く商品紹介をするって事ですか

むしろ、まだやってなかったのか

公認ステマってこと? コメント中に(PR)とかいう文字でも入れるのかね?

コンセプトは分かるが、ネットでは一番嫌われる手法だぞ…って、分かっている人は最初からマーケティング対象外か…

満を持しての参入という印象がある。

当然右上にでっかく「広告」「PR」って入るんですよね?

数年前からYoutuberがやってきたことをガチの知名度と拡散力を持った事務所がやるわけですね。最初からダイマですって言い切るのはいいと思う

とりあえずこの人たちの今後のSNSでの投稿は広告だと解釈しておけばいいんですかね