TOP

今回は、こども保険を取り上げます。

こども保険

自民党特命チームから発案されたこども保険制度が注目されています。
こども保険は、教育の完全無償化を目的に、その財源を確保するための提言案の1つです。

この制度について、こども保険とはどういうものなのか? 議論の過程で、どういった課題があるのか?などを調べました。

スポンサーリンク

こども保険って何?

こども保険て何?

冒頭で触れた、教育の完全無償化をするためには、およそ5兆円の財源が必要だと言われています。

この5兆円を捻出するために、小泉進次郎などを中心とする自民党の特命チームが議論を重ねています。その中で、候補としてあがっている財源の1つがこども保険です。

民間の学資保険を連想させるようなカワイイ名前ですが
具体的には、労働者と事業者から、社会保険料を上乗せして徴収する公的保険のひとつです。

徴収する保険料は、
当面0.1%として、将来的には0.5%にして、おおよそ1.7兆円を確保する試算です。

この保険料を使って、小学校へ入学前の子どもを対象に幼児教育・保育の無償化を目指すということです。

こども保険でいくらかかる?

こども保険はいくら?

「5兆円はいいから、自分はいくら払うことになるの?」
気になるところはソコですよね。

具体的な事例を挙げると、
年収400万円で入学前の子どもが2人いる30代の世帯では月間240円の保険料の負担で1万円、児童手当を増額する、といったイメージです。(NHK WEBより)

コレは、社会保険料が年間288,000円で0.1%(2,880円)の12ヶ月で割った数字だと思われるので、将来的にはこの5倍(14,400円/年)になると思うと、少なくない額ですね。。。

などと、いまから心配していますが、教育の完全無償化にはそれでもまだ足りません!


こども保険は、あくまで小学校入学前の児童に対する保障という位置づけです。現在、財源として候補にあがっている提言案との併用は充分考えられます。

ちなみに、現在挙がっている案は次の4つです。

  1. 教育国債
  2. 税制改正
  3. 消費税増税
  4. こども保険

この中で、教育国債が最も現実的な手法と言われていますが、麻生太郎財務相は財源の裏付けがない借金として、「親の世代が子どもに借金を回すものだ」と牽制する発言をしています。

スポンサーリンク

こども保険の課題は?

こども保険のポイントは、公的保険であるという点です。

給与明細にある健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険などの1つになるということですね。

これによって、社会保険体系に教育や子育てが盛り込まれ、高齢者にばかり利益があると言われる世代間の格差を是正することが期待されます。

医療や介護とのバランスをとり、社会保険に新たなフレームワークをもたらす意味ではメリットと言えそうです。


一方で、
小さな子どもがいない世帯にとっては、不公平感が生まれることが懸念されています。

直接的な見返りがイメージ出来ないことに対して、どのように納得を得るのかが課題と言えます。


みなさんのコメントをチェックすると、リアルな不満の声が聞こえてきます。 実際にどういったコメントがあがっているのか? 次に紹介します。

みなさんの意見

壁の向こうは壁だったヽ(´o`;
@aiuneom
税金の使い方を見直してどうにかならないの?

  

2017-03-29 00:18:34

機巧くろみつ
@9632_decoy
単なる人気取り施策やね…論外。

  

2017-03-29 00:13:30

みつうろこ@light foot
@m_uroko
爺婆に使う分を回せよ( ̄ε ̄#)

  

2017-03-29 06:18:27

黒まめ
@mayu_krsw
健康保険料は第2の、年金保険料は第3、介護保険料は第4の税金。さらに、か?!なぜ新たな財源が必要なのか?

  

2017-03-29 06:21:22

ありす
@alice7com
子供がほしくてもね☆産めない人☆子供を作れない人も負担だけ来るのは☆つらい(>_< )

  

2017-03-29 07:06:56

ひろ
@asami_1120
年金って、人は老人になるから全国民が負担するのは理解できる(若者への不公平はあるけど)。子供がいなくても未婚でもこども保険料を負担するのは理解できない。他を削ってからが道理だよね?何でも最後には国民に負担させる考え方はやめて欲しい…

  

2017-03-29 07:15:57

翠 -sui-
@tsyr_0310
増税でしかこういうの解決出来ないのなんだかなぁ…。我が家子どもいるから、ありがたいんだけども…。もっと別の形で子ども産みたいなぁ。って思える社会にしなきゃ少子化どーにもならんのじゃないのかなぁ…。うーむ…。

  

2017-03-29 09:32:34

ミスター小五郎
@kogoro_wakasa
消費税が増税できない以上、結局、こうやって別ルートから国民の金を集めるしかないわけだよ。消費税なら高齢者だろうが生活保護者だろうが、平等に徴税できるが、社会保険の体裁を取られてしまうと、現役世代「だけ」の負担がさらに増す。高齢者と生活保護者の高笑いが聞こえてくるようだ。

  

2017-03-29 10:53:35

石部金吉
@FIAJ_CPA
保険制度にする意味ないよね。給付貰えないのに強制加入はやめておくれ。

  

2017-03-29 11:26:25

HASHIMOTO Fumio
@bunzo78
「子ども保険」は理に沿わない。「社会全体で子育て世代を支援」ならば、給付の財源は【税】であるべき。【保険】制度の原則は「受益者負担」(保険料の負担者と給付を得る受益者とが一致)。社会全体で支援(負担)して児童手当の給付増やすならば…

  

2017-03-29 12:17:22

funnel01
@funnel01
どんなに狭量と言われようが、もう他人の子の保育費や教育費をこれ以上負担させられるのは勘弁だわ。

  

2017-03-29 14:32:32

まとめ

厳しい意見が多いですが、経済産業研究所(RIETI)によると、学力の世界トップレベルへの上昇が、経済の低成長打破のために、大きなウエイトを占めるという報告があります。 つまり、子どもがいない世帯でも、子育てを支援することは、巡り巡って自分へ恩恵が還ってくるという考え方が出来ます。

「情けは人のため為らず」ではありませんが、このような報告からも分かるように社会で子育てを支援する取組みが求められるのは、ごく自然な話かと思えます。

無論、だからといって、現役世代へ負担を押し付けて解決すれば良いという問題でもありません。 ましてや、教育の完全無償化というスローガン実現のためであってはなりません。 

子育て・教育支援に対する最適なレベルの模索、防衛費など他の予算とのバランス(何を削って教育に充てるのか?)、種々の課題をクリアーして納得感のある制度になることが求められます。 今後さらに議論が深まるなかで、解決していくことを期待しています。

スポンサーリンク

その他のコメント

なぜ保険?? 天下り先確保っすなw 財源は他にもあるよ。

これ受け入れられるのかな。 保育園を建てるのすら反対する人がいるのに。

こういう新しい言葉が出た時には要注意だな。 保険を社会保障費で徴収するのだから、ただの増税だわ。

これなら普通に所得税とかから源泉でとったが良い気がする。 その上で予算から捻出する形にして教育機関に振り分けるとか。 控除で還ってきてもなんかびみょい気がする。

この話題よりまだ大切なことあるはず。税金無駄にしてほしくない‼

正に政治課題ですね。 元より老人に集中した国の “資源配分” は国の縮退をもたらすので、子供・若者への支援は社会的に必要。 その手段(財源)について新しい “保険” というより、”税の使い道” の変更ではないか。

実質増税だわな。消費税増税延期とセットならまだ分かるんだが。