TOP

今回は、新年度からの値上げを取り上げます

twitterより

2017年4月、新年度を迎え様々な業種で、値上げが行われています。

この記事では、値上げが発表された注目の商品やサービスをおさらいしていきます。


もしかしたら、アナタが使っているサービスも値上げされているかも?

事の次第によっては、サービスの乗り換えを検討する必要もあるかと思います。是非、お役立てください。

スポンサーリンク

年金

年金

国民年金は4月1日から保険料が上がります。
月額にして、230円。年間で2,760円の増額になります。

年金の前年との比較

年度 月額 年額 差額
平成28年度 16,260円 195,120円
平成29年度 16,490円 197,880円 2,760円

スポンサーリンク

電力の値上げ

電力大手10社は、5月から電気料金を大幅に値上げします。
値上げの理由は、再生可能エネルギーの普及を促す制度の負担金が増えるからです。

電力各社の平均的な使用量での値上げ一覧

電力会社 値上げ幅
北海道電力 166円
東北電力 179円
東京電力 192円
中部電力 179円
北陸電力 153円
関西電力 190円
中国電力 182円
四国電力 169円
九州電力 160円
沖縄電力 213円
管理者管理者

大手電力10社が値上げするのは4ヶ月連続です。

ガスの値上げ

電気料金だけでも痛いのに、ガスも値上げが続いています。
大手都市ガス4社は7ヶ月連続です。

大手都市ガス各社の平均的な使用量での値上げ一覧

電力会社 値上げ幅
東京ガス 62円
大阪ガス 56円
東邦ガス 57円
西部ガス 44円
管理者管理者

家計の光熱費負担はあがる一方です。

保険料値上げ

貯蓄型の終身保険や学資保険などの保険料が、4月に一斉に値上げします。
背景は、日銀のマイナス金利政策で、運用利回りが悪化しているためです。

値上げ幅は商品によって異なりますが、おおむね1~2割と言われています。
2016年4月以降で値上げ・販売停止した保険は、値上げは、12社100商品、販売停止が10社30商品という状況で、この4月でもさらに値上げが増えています。

たばこ

所沢のかいと🖕😜
@sexkaito0210
今日からエコー値上げしたんけど。
つらぁーーーーーー。
安さがよかったのに
280→310。

  

2017-04-01 11:24:58

4月1日から、「わかば」「エコー」等、いわゆる旧3級品6銘柄の値上げが行われています。

一覧はコチラ

銘柄 旧価格 新価格
わかば 290円 320円
エコー 280円 310円
ウルマ 290円 320円
バイオレット 280円 310円
しんせい 円円 310円
ゴールデンバッド 260円 290円

ちなみに、これらの銘柄は、今後増税することが決まっています。
2016年に20円、2017年に20円、2018年に30円、2019年に約59円。愛煙家受難の時代ですね。

ハガキ

ハガキや郵便も値上げします。ただし、これは2017年6月1日からです。

第二種郵便物

料金の区別 現行 新料金
通常はがき 52円 62円
往復はがき 104円 124円
年賀はがき 52円 52円

定形外郵便

重量 現行 規格内新料金 規格外新料金
50gまで 120円 120円 200円
50g-100gまで 140円 140円 220円
100g-150gまで 205円 205円 290円
150g-250gまで 250円 250円 340円
250g-500gまで 400円 380円 500円
500g-1kgまで 600円 570円 700円
1kg-2kgまで 870円 取扱いナシ 1020円
2kg-4kgまで 1180円 取扱いナシ 1330円

ゆうメール

重量 現行 規格内新料金 規格外新料金
150gまで 180円 180円 265円
150g-250gまで 215円 215円 305円
250g-500gまで 300円 300円 400円
500g-1kgまで 350円 350円 450円
1kg-2kgまで 460円 取扱いナシ 560円
2kg-3kgまで 610円 取扱いナシ 710円

日本郵便
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01_02.pdf

燃油サーチャージ

燃油サーチャージの値上げは盛んに報道されています。

4/1の改定前後の価格をJALの発表から一覧で紹介します。

燃油サーチャージの価格改定

区間 改定前 改定後
日本-韓国・極東ロシア 200円 300円
日本-中国・台湾・香港 500円 1,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 1,000円 2,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 1,500円 3,000円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 2,000円 4,000円
日本-北米・欧州(*1)・中東・オセアニア 3,500円 7,000円

※燃油サーチャージは、燃料価格に応じて航空会社が国際線の運賃に上乗せする特別運賃で、2か月ごとに見直されるものなので、6月移行に変更する可能性があります。

参考:http://www.jal.co.jp/inter/fare/fuel/detail.html

バターやチーズ

雪印メグミルクは、バターやチーズなど12製品の値上げを行いました。

どの家庭の家計にも直接影響があるのは、雪印メグミルクのバターの値上げかもしれません。値上げ幅は小さいものの、年間で考えると効いてきます。

雪印北海道バターは1.2%(405→410円)
雪印北海道100クリームチーズは4.3%(235→245円)

その他詳細は、公式PDFにあります。
http://www.meg-snow.com/news/2017/pdf/20170330-1332.pdf

スポンサーリンク

オリーブオイル

イタリアンに欠かせないオリーブオイルも値上げが行われます。

日清オイリオグループの「BOSCO」14商品が約10%値上げされます。 理由にオリーブの実の産地であるイタリアの天候悪化とオリーブミバエ発生による大幅な減産、その他生産地域も減産で値段が急騰しているためとしています。

また、大豆油や菜種油も値上げします。家庭用と加工用は1キログラム当たり20円以上、業務用は同20円以上か、1斗缶当たり300円以上値上げするということです。 こちらの原因は、原料価格の高止まりや円安ということです。

タイヤ

横浜ゴムは、4月1日から市販タイヤの価格引き上げを行います。

対象は国内市販用タイヤ、チューブ、フラップで、乗用車用タイヤ(夏)、バン用タイヤ(夏、冬):6.0%で、小型トラック用タイヤ(夏、冬)、チューブ・フラップなどが7.0%ということです。

背景に、合成ゴムの高騰、天然ゴム相場が高い水準で推移していることをあげています。

横浜ゴムの値上げに関するニュースリリース
http://www.y-yokohama.com/release/?id=2773&lang=ja

ガリガリ君

2016年4月にショックを与えたガリガリ君の値上げ(60円→70円)ですが、今年はないようです。

ガリガリ君の値上げに関しては、本体である赤城乳業さんのHPの記事がいちばん詳しいです。
http://www.akagi.com/news/2016/20160401.html