TOP

スペイン2部テネリフェの柴崎岳がJリーグへ復帰するという話題がニュースで取り上げられました。


参考:柴崎、テネリフェ退団へ 出場機会恵まれず契約満了の今夏にも鹿島復帰浮上

移籍当初から、胃腸炎や不安障害など、うまく適応出来ていない様子が報道されていたので、驚きはありませんが、駆け込み移籍から約半年。

さすがに短すぎるのでは?と、否定的な声があがっています。

クラブワールドカップ決勝でレアル・マドリー相手に2得点をあげるなど、上昇気流に乗った形での移籍。

期待が大きかっただけに、落差も大きいといったところのようです。


このような状況で、鹿島アントラーズへの復帰報道

復帰すれば、テネリフェへの移籍は失敗だったと認めることになりそうですが…

今回の記事では、それでも柴崎岳は鹿島アントラーズに復帰するべき理由を考えました。

スポンサーリンク

鹿島以外に移籍の可能性は?

今回の報道では、契約更新の話はまだ出ていないとのこと。そうなると、新天地を求めるより他なりません。

そこで、鹿島復帰説が浮上しているワケですが、その他の選択肢もないワケではありません。

現時点で考えうる鹿島復帰以外の選択肢

  • スペインで再挑戦
  • ブンデスリーガへの移籍
  • 鹿島以外でのJリーグ復帰(鳥栖、神戸)
管理者管理者

この辺が考えられると思います。それぞれ、可能性、メリット、デメリットを見てみましょう。

スペインの他のチームへ移籍

この選択肢が実現する可能性は、かなり低いと見ます。

というのも、スペインでの実績が残せてないうえに、スペイン1部でプレーする乾選手のようにヨーロッパでの実績もない状態です。

また、過去、城、大久保、家長と移籍したものの、大きなインパクトを残すまでは至っておらず、スペインでの日本人選手の評価は高いとは言えません。 この状況で、スペインの他チームから声が掛かるのは考えづらいと思います。

ブンデスリーガへの移籍

一方で、ブンデスリーガでは日本人選手は一定の評価を受けています。柴崎選手のポテンシャルを理解する目ざといクラブが底値で買うことは考えられます。

つまり、可能性は充分あると言えますが、レギュラーになれるかどうかは未知数。 これまでの日本人選手が経験したようにフラットな状態からの生存競争にさらされます。 翌年にワールドカップを控えたタイミングで再びベンチを温めることもありえます。 そうなると、日本代表はさらに遠のきかねません。 メリットもデメリットも大きいギャンブルと言えそうです。

鹿島以外でのJリーグ復帰

鹿島以外で候補になりそうなチームを考えた場合、可能性がありそうなのは、神戸と鳥栖です。 どちらも、金銭的に余裕があり、移籍マーケットで積極的に動いています。ワンチャン狙いで柴崎選手に打診する可能性は充分ありえます。

また、Jリーグに復帰した場合、すでに能力は知られているので、海外への移籍ほど苛烈な競争にさらされることはないと言えます。 ただし、チームにフィットするかは別問題です。Jリーグに復帰するとなると、シーズン途中からの参戦になります。そう考えると、鹿島以上にメリットがあるとは言えません。


上にあげた分析から、柴崎選手が復帰するのに鹿島以上のチームはないと考えられます。

スポンサーリンク

鹿島に復帰するべき理由

ワールドカップ

今回の移籍の一番のポイントは、ワールドカップを1年後に控えたタイミングということです。

日本代表ハリルホジッチ監督は、原則試合に出場している選手から代表を選ぶと明言しています。

ここへ来て、本田選手を呼び続けたり、川島選手の抜擢など、ブレを見せていますが、それは代表の実績があってのこと。 若手で代表の実績がない柴崎選手がベンチを温めている状態で、代表に選ばれることは考えにくいです。

つまり、ロシアW杯を目指すならば、
柴崎選手は次に移籍するのは、試合に出場できるチームを選ばないといけないのです。

むろん、柴崎選手ならば、年齢(現在24歳)からいってロシアの次のワールドカップも狙えます。

しかし、その時に怪我している可能性だってあります。

ワールドカップ出場といえば、サッカー選手にとって、最大の栄誉
そして、その栄誉は引退後も生涯ついて回るものです。 可能性があるのならば、最大限の準備をするのは、サッカー選手にとって当然のことと言えます。

最大限の準備として、柴崎選手にとって、鹿島アントラーズ復帰以上のシナリオはありません。

出戻り復帰はアリ

柴崎選手のサッカー選手としての経歴は華麗で、ユース年代から日本代表に選ばれ、高校卒業後、鹿島アントラーズへ入団。その後、10番を背負うまで成長しました。

いわばサッカーエリート。

そんな選手がわずか半年で、出戻り復帰は、プライドが許せないかもしれません。

しかし、ドイツ2部ハノーファーに渡った山口蛍は、たった6試合でのセレッソ復帰ですが、そこから盛り返し、アジア最終予選イラク戦では、日本を救う見事なゴールをあげています。

その他にも、清武選手もセレッソに復帰する選択をしました。 また、金崎夢生、槙野智章とJリーグ復帰から代表で活躍している選手は数多くいます。

これらの例を見ても、海外に固執する必要がないことは明らかで、元にいたチームへの復帰は現実的な選択肢と言えます。

まとめ

以上、現時点で柴崎選手の鹿島アントラーズ復帰は、最善の策と言えます。

短すぎる移籍について、批判的な声もあるかもしれませんが、経験から何を得るのかは、個人の意識の問題で、むしろ、失敗から学ぶことの方が多いと思います。

次の移籍では、鹿島を選び、プレーに集中できる環境で、ロシアワールドカップを目指して欲しいと思います。

スポンサーリンク