TOP

今回は、舞台 キャプテン翼で主演を張る元木聖也さんを取り上げます

キャプテン翼

twitterより

8日、2.5次元舞台『キャプテン翼』の製作発表が行われました。

なんでも、この舞台では、
ソニーが研究開発を進めている体感技術「触覚提示技術(ハプティクス技術)」が導入されるとのことです。

この技術をひと言でいうと、
振動や衝撃を体感させる技術で、「プレミアム体感シート」の観客は、シュートの衝撃などを味わえるようです。

※この技術について、詳しくはコチラからどうぞ
→ ハプティクス wiki


考えてみれば、キャプテン翼は
オーバーヘッドや、スカイラブハリケーンといったアクロバティックなシーンが多いので、この技術との親和性は高そうです。

ただ、2.5次元であるから、
いくら技術がすごくても演者さんがついていけなければ・・・

と勝手に心配したところ、

完全に心配無用

だということが判明しましたw

主演を張る元木聖也さんは、かなりの身体能力の持ち主なのです。

スポンサーリンク

元木聖也ってどんな人?

元木聖也さんは、レプロ所属の俳優さんで、

旧芸名は、聖也。

1993年10月6日生まれの23歳(記事作成時点)、B型。

そして、特筆すべきは、

特技がアクロバットで、日本で約7人しかできないとされる空中技「ダブルコークスクリュー」ができるとのことです。


「・・・ホント?」って思いますよね

失礼ながら、見るからにカワイイ系で運動が出来そうにありません。


ところが、動画を発掘したところ、

「これはホンモノだ」

という証拠が出てきました。

ということで、動画をどうぞ!

聖也のアクロバット映像

いかがでしょうか?

オーバーヘッドどころの騒ぎじゃないですね。

新しいシュートも出来そうですw

実は、元木聖也さんの身体能力の高さは、すでに知っている方も多く、製作発表直後のツイートでは、次のような反応がありました。

スポンサーリンク

みなさんの反応

まとめ

ツイートの反応を見ると、

運動神経はすでに折り紙つきといったところだったようですね。

最先端技術に注目が集まった製作発表ですが、

元木聖也さんを始めとする俳優さんたちのパフォーマンスも要チェックなようです。

この舞台は、

8月18日~9月3日に東京・Zeppブルーシアター六本木で公演されるとのことです。
興味を持たれた方は、足を運んでみては?

スポンサーリンク