小林麻央さんが通っていたクリニックに「無届けの医療」で業務停止命令

6月22日に亡くなった小林麻央さん。

彼女が存命中に通っていたクリニックが
「無届けの医療」で業務停止命令を受けたというニュースが報じられました。

小林麻央さんが通っていたクリニック 「無届けの医療」で業務停止命令
http://news.livedoor.com/article/detail/13287248/

記事によると、他人のさい帯血を投与する医療を
無届けで行ったとして、

全国11のクリニックに業務停止命令が下り、
その1施設が麻央さんが昨年から何度も通っていたAクリニックだったとあります。

さらに、記事では

「この療法はまだ10年ほどの歴史しかない、医学的な根拠が乏しいものです。あと10年、20年たたないと、有用性はわかりません」

と治療の効果に疑問をなげかけ、

「先進医療も民間療法も、保険適用外です。海老蔵さんが負担した治療費の総額は1億円を超えていると聞いています」

と報じています。

この報道について、ネット上では、

『医療機関の名前が伏せられていては意味がない』

といった声があがっていたので、調べました。

スポンサーリンク

小林麻央さんの「無届けの医療」クリニックの名前は?

今回のニュース元となる
再生医療の一時停止命令のニュースを探したところ

ありました。

さい帯血を無届けで投与 11医療機関に再生医療の一時停止命令
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170628/k10011032981000.html

この記事に業務停止命令が下った
11の医療機関の名前が記述されています。

厚生労働省が再生医療の提供を一時停止するよう命じたと発表したのは、東京、大阪、福岡の11の医療機関です。

東京都内は8つの医療機関です。
渋谷区の「表参道首藤クリニック」、港区の「クリニック真健庵」、「赤坂AAクリニック」、「六本木ドクターアンディーズクリニック」、「東京国際美容クリニック」、千代田区の「アベ・腫瘍内科・クリニック」、練馬区の「花岡由美子女性サンテクリニック」、品川区の「品川荏原ライフケアクリニック」です。

大阪市内では、「大阪タワークリニック」と「恵聖会クリニック心斎橋院」の2つの医療機関です。

福岡市でも、「天神皮ふ科」が一時停止命令を受けました。

さい帯血を無届けで投与 11医療機関に再生医療の一時停止命令

麻央さんが通っていたのは、
この中のどこかということになります。

また、記事では、

『処分を受けた医療機関の中には、自由診療で患者1人当たりおよそ300万円の治療費を請求していたケースもあった』

というような、営業方法の問題を指摘しています。

スポンサーリンク

注意

麻央さんが通っていたクリニックに

かなり問題があったことが
明らかになりましたが

今回のニュースで
気をつけないといけないのは

小林麻央さんはこの治療しか
受けていなかったワケではない
ということです。

あくまで、メインの治療とは別に
複数試した民間療法の1つです。

ですから、
「無届けの医療」=ガン悪化
と、言い切るものではありません。


むろん、「無届けの医療」は問題がありますが、

これを理由に
海老蔵さんをはじめ、周囲の対応がまずかったと責めるのは筋違いです。

みんなの反応

今回のニュースについて、ネット上で次のような声があがっています。

まとめ

上にもあるように、
いざとなれば、藁をも掴む思いで、

有効性が不明な治療でも
手を出してしまう気持ちはよく分かります。

それだけに
今回のニュースは残念ですが

小林麻央さんが情報発信をしたお陰で
ガンの理解に対する関心が高まっていることは間違いないと言えます。

その一端が伺えるガンの理解について
有用な記事を最後に紹介します。

小林麻央さんからの「伝言」=三輪晴美(生活報道部)
https://mainichi.jp/articles/20170704/ddm/005/070/114000c

スポンサーリンク